数学動画教材1207_01「テーマ:式の名前のつけ方が理解できる_次数と元」について

◆ はじめに ◆

中学校数学を学ぶ人が、動画教材を見てからノートにまとめるときに参考になるような内容を目指すとともに、教える人の目線でも参考になるように考えて記事を書いたつもりです。いずれも2πr(にーぱいあーる)の見解でしかないのですが、よかったら参考にしてください。

また、この動画教材を使った自分なりの勉強の仕方で迷っているときは、ブログ「動画教材を使った勉強の仕方」を参考にしてください。サイト内検索で探す場合は、カテゴリー「勉強の仕方」で検索するとすぐ見つかります。アーカイブ(月単位)ならば「2018 6月」で検索してください。

動画教材へのリンク 1207_01_式の名前のつけ方が理解できる_次数と元_説明_by_2πr(にーぱいあーる)

動画教材へのリンク 1207_01_式の名前のつけ方が理解できる_次数と元_練習問題_by_2πr(にーぱいあーる)

◆ 用語は身につけてこそ意味がある ◆

今回のテーマのポイントは、次数の定義(ていぎ)が単項式と多項式で違うということです。
ちなみに、定義とは「あることがどんなものかはっきり述べたもの」と考えておけば今は十分です。
定義については、2年生で正式に学びます。
次数の定義については、動画教材を見てもらえればわかります。
また、元(げん)や係数(けいすう)の定義もわかります。
すぐ慣れると思うので、油断せずに動画教材を理解してください。
ただし、1週間もすると忘れてしまう人が大半です。
これから文字式を見たら「これは何元何次式だ」と、その都度確認することをお勧めします。
もちろん、文字式を見たら係数もその都度確認するよう心がけると、しっかり身につけることができます。
人に説明するときにも、「これは何元何次式で~」とか「xの係数が○○だから~」といった感じで用語を使うよう心がけましょう。
用語は身につけてこそ意味があるのです。

◆ 答え方に注意が必要 ◆

また、答え方を間違う人が結構な人数いるものです。
「何次式ですか?」と聞かれたら、「何次式です」と答え、
「何次ですか?」と聞かれたら、「何次です」と答えます。
この点も注意してください。
今回は、以上です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three + 1 =